A Child’s View
Living spaces photographed by children

Summary:
For a child, every space holds a different meaning from that of an adult. A street becomes a canvas to draw on; a river becomes a natural pool; and temples and mosques become the perfect playing grounds. For the purpose of this project, we will call these spaces with special meanings for children, “spots.” Children have their own respective social relationships and activity spaces. The present exercise involved observing the way in which children perceive these daily “spots” in comparison with adults?

We handed out cameras to children and asked them to photograph such “spots,” either the “places where they play all the time” or “places that are important to them.”

The resulting photographs include the “spots” (what the spaces mean to the children). These have been cut out and projected on a screen. They involve areas that went largely unnoticed by adults. What emerges from these pictures is a new perception of space, where the private and public use of space intermingles. Through these photographs, we can find new meanings in the everyday world we have grown so accustomed to seeing.

We would like this website to become a “spot” that creates some sort of connection between the web viewers and children. The viewers’ comments on the sites will be given to the children as feedback. This creates a connection between the photographing and the viewing side beyond space. Through the process of photographing, exhibiting, and feedback, the children will most likely recognize that they have connected with an even bigger world.

 

こどもの眼
子どもたちが撮った生活空間

子どもにとって、あらゆる空間は大人と違う意味をもつ。道は絵を書くキャンバスになり、川は天然のプールになり、寺院やモスクは格好の遊び場所となる。ここでは、こうした「意味」が付与された空間を「場」と表現しよう。子どもには、子どもの人間関係があり、行動空間がある。私たちが普段見なれている空間を、子どもはどのような「場」として見ているのだろうか?

私たちは、子どもにカメラをわたして、「いつも遊んでいるところ」と「自分にとって大事なところ」を撮影してくるように頼んだ。

子どもが撮影した写真は、私たちの視界に入っていても認識していなかった「場」(子どもの意味空間)を切り取ってうつし出すスクリーンである。そこに現れるのは、空間の私的利用と公共的利用が交錯した、あらたな空間認識である。これらの写真を通して、私たちは普段見なれている日常の世界に新たな意味を見つけることができる。

このプロジェクトは、WEBサイトを見た人と撮影者の子どもとの間に何らかの繋がりを作る「場」としたい。WEBサイトを見た人から写真へのコメントは撮影者である子どもにフィードバックされる。それは、空間を超えて、撮る側と見る側との繋がりを作り出す。子どもは写真撮影、展示、フィードバックのプロセスを通して、自己がより大きな世界へ繋がったことを認識するであろう。