We work towards improving the social and economic lives of vulnerable people around the world by implementing programs centered on photo projects and handmade crafts to promote self-reliance with an aim to achieve a society where all people have hope and are able to live with an independent-mind.

KOBOとは工房のこと。私たちは、世界の国々における経済的・社会的に弱い立場におかれた人々の生活の向上を目指し、子どもの写真プロジェクトと「手のぬくもり」が残るものづくり を中心とした事業を展開し、雇用機会の拡大と自立支援を通じて、人々が希望をもって主体的に生きることが可能な社会を実現することを目的としています。